FC2ブログ

日本のカバンの歴史4 柳行李からカバンへ 

豊岡かばんとしては、明治14年、八木長衛門が第二回内国勧業博覧会に2尺3入子、3本革バンド締めの「行李鞄」を出品しました。
また明治35年の第5回内国勧業博覧会出典目録には遠藤嘉吉朗の「旅行鞄」が記録されています。

kourikaban.jpg

この3本革バンド締めの柳行李は、外観はトランクと同じでしたが、トランクと呼ばれずに柳行李と呼ばれました。
その理由としては、これが従来の杞柳製品の改良品で、一般杞柳製品技術が応用されたものであり、また、柳行李で名高い豊岡で作られたことであるといわれています。




明治に入り、交通手段の発達に伴い内外旅行者が増加し、携帯運搬用の容器の需要がおこりました。それに応じて、柳行李には、さまざまな工夫発明がなされました。

明治39年、服部清三郎の「鞄型柳行李」、
明治42年、宇川安蔵のドイツ製品を模倣した「バスケット籠」
などが誕生しています。

この携帯に便利な鞄型、バスケット型の小型篭の多くは輸出されたようです。

トーラス楽天店 <-弊社のサイトです。





八木長衛門
八木長衛門

明治14年、第2回内国勧業博覧会に、「行李鞄(二尺三入子、3本革バンド締め)」を創作出品し、行李が鞄になるきっかけをきっかけをつくる。



遠藤嘉吉郎
遠藤

明治35年、第5回内国勧業博覧会に「旅行鞄」を出品する。
大正12年には、ファイバー帯板をU字形に屈曲してU字縁にし、ビョウで止める「ファイバー縁柳行李を創案する。これは籐を巻く手間が入らず、縁竹が、離れにくく、ふたの開閉が容易であった。
奥田平治が、ファイバー鞄の研究に取りかかった際、ファイバーシートの入手に協力した。
●柳行李商豊岡合同組合 初代会長



服部清三郎
服部清三郎

柳行李を携帯使用できないものかと考え、明治39年に苦心の末、「鞄型柳行李」を創案する。
大正4年柳行李の強度を増すため、折り曲げた鉄板を縁竹の隅や中央部に被せるという「柳行李縁金具」の特許を取得し、さらに補強ベルトの十字止錠前も考案する。
大正時代から昭和の初期にかけて世界各国で開催の国際博覧会に、出展し、多数受賞する。



宇川安蔵
宇 川 安 蔵

明治42年、ドイツ製の籠を参考に、底編にたてりを差し、籐を巻き上げて、合口を付けた「バスケット籠」を創案する。大正8年「宇川式提籠」を大正14年「線入半割籐編込提籠」を創案する。
当時、杞柳製品の名工といわれ、パリ現代美術工芸万国博覧会で国際賞を受賞している。
また、大正に入ってまもなくの頃、本籐製の鞄も創作しているが、実に凝ったものですぐれた1個の工芸品としての価値を持つものであった。


スポンサーサイト



にほんブログ村 ファッションブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王へ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://taurusblog.blog46.fc2.com/tb.php/90-23036335

:バッグ :かばん :カバン