FC2ブログ

カバンの種類-アタッシェケース 

カバンにはいろいろな種類があります。

今日紹介するのは、アタッシェケース

14224-007.jpg

ブリーフケースの一種で、厚さ5センチメートルほどの革やアルミニウムでできた箱形のブリーフケースのことです。
外観はハ-ド・タイプで、内部は書類をきちんと整理して収納できるようにファイル機能を備えています。
皮革、合成皮革、ジュラルミンなど幅広い素材で作られています。横幅39センチが標準サイズです。

「アタッシェ」とはもともとフランス語で、大使館あるいは公使館付き随行員のことです。

言葉が示すように、アタッシェケースは19世紀の末頃にイギリスあるいはフランスあたりで作られるようになったと考えられています。
当初は政府あるいは軍の高官の間で使われていました。

中央公論社別冊暮しの設計 No.5 鞄とバッグの研究によると、オックスフォード辞典の中に、1904年陸海軍消費組合の定価表の中に
attache caseの初出の用例が出ているそうです。

英語風に「アタッシュ」と発音されることもありますが、正確には「アタッシェ」です。
正確には「アタッシェケース」ですが、基本的に日本では「アタッシュケース」と発音・表記されます。
「アタッシュケース」を間違いとするむきもありますが、英語でも「アタッシュケース」と発音されることがあり、
フランス経由でなくアメリカ経由で日本に入ってきたことを考えれば、「アタッシュケース」でも間違いとはいえません。






~【シーザー】バロンシリーズ トランク #14224~

スポンサーサイト



トーラス楽天店 <-弊社のサイトです。





にほんブログ村 ファッションブログへ 人気ブログランキングへ ブログ王へ

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://taurusblog.blog46.fc2.com/tb.php/185-1c77fb74

:バッグ :かばん :カバン